近年の製造業に対するイメージ

近年の製造業の現場では、低価格で高品質な製品を製造する事をモットーにする企業が多くなって、利用者のニーズに一段と応えている傾向です。小さなお子様や高齢者などを中心にあらゆる消費者に対して、安全性に配慮した物づくりに取り組んだり、海外の人の購買意欲を引き立てる家電製品を作る事が出来るようになりました。
国内の自動車を製造する際、近年は便利性や安全性を重視した製品を作る事が話題になっています。例えば、衝突を防止するために自動的にブレーキを掛ける装置を開発したり、対象物に接近すると接近防止のために車内でアラームがなるシステムの開発に取り組んでいます。便利性に関しては、ハンドルの最小限の操作で目的地まで運転してくれるシステムの導入を開発したり、ガソリン代を使用しないでより高い燃費の自動車の製造に力を入れています。
便利性や安全性を念頭において、将来的には現在よりもさらに利便性に富んだ商品開発に力を入れながら、それぞれの製造会社の競争が激化する傾向です。商品の売上に関する競争の激化と言う観点よりも、安全性などで競争して、より安全で安心して消費者に商品を使ってもらうために製品の製造のノウハウなどを強化していく企業が増える事を期待しています。